Evernoteのノートリンクを素早く開く方法

シェアやブックマークは、以下のボタンからどうぞ!

Evernoteを使いこなしている方であれば、「ノートリンク」の機能をお使いかと思います。

要はインターネットのリンクと同じように、Evernoteの特定のノートを開くリンクを、他のノートに貼り付けられる機能ですね。もし、まだ活用していない方がいらっしゃいましたら、ぜひ使ってみてください。

ノートリンクの基本

ノートリンクのつくり方

リンクさせたい(開きたい)ノートを開きます。

ノートを右クリックして、「ノートリンクをコピー」をクリックします。メニューから、「ノート」→「ノートリンクをコピー」という手順でもかまいません。

そして、別のノートを開き、貼り付けます。

たったこれだけで、先ほどのノートへのリンクができます(画像の緑色の文字の部分がリンク)。

関連するノートへのリンクを貼れば、そのノートへ素早く飛ぶことができますし、複数の関連するノートをまとめる、目次のノートをつくることもできますね。

ここではMac版を例に出しましたが、もちろんWindows版やブラウザ版、その他iOS版やAndrod版などでも使うことができます。

注意点として、これは共有のためのリンクではないので、自分のアカウントでログインしていないと見ることはできません。ここでは詳細に触れませんが、その用途で使うのであれば、公開リンク(URL)の機能を使います。

Evernote以外のアプリにも貼り付け可能

Evernoteのノートリンクのすごいところは、タスク管理アプリやカレンダーアプリなどにも貼り付け可能であるということです。

予定やタスクに関連するEvernoteのノートのノートリンク(「ノート」がしつこい…笑)を貼り付けておけば、詳細を確認したいときにとても便利です。直接タスク管理アプリやカレンダーアプリのメモ欄に詳細をメモするよりも、大きな画面で見られるので見やすいですし、写真や添付ファイルなどを貼り付けられる利点があります。

Evernoteアプリとそれ以外のアプリでリンクの挙動が違う

その機能を便利に使っていたのですが、最近、その挙動が気になっていました。

Evernote以外のアプリで開くと、ブラウザが立ち上がる

Evernoteアプリのノートに貼り付けたリンクは、素早くアプリ内で当該のノートに飛びます。

それに対してEvernote以外のアプリに貼り付けたリンクは、SafariやInternet Explorerなどが立ち上がり、ブラウザ版のEvernoteが立ち上がってしまいます。

Evernote以外のアプリに貼り付けたリンクからも、Evernoteアプリで開いてほしいわけです。以前はその仕様だったのですが、いつの間にか仕様が変更になり、ブラウザが開くようになってしまいました。

特定のノートにすぐに移動できるところが便利なのに、ブラウザだといちいちログインする手間がかかります。ログイン状態を保持しておけば、ブラウザを経由してEvernoteアプリに飛ぶこともできますが、ワンクッション置くことには変わりありませんし、ブラウザによってはEvernoteが開くときに確認画面が表示されてしまうので、操作が増えてしまいます。

ノートリンクは、貼り付け先によって異なっていた

この挙動の違いは、貼り付けられているEvernoteのノートリンクのURLが違うことから生じています。

Evernoteを使いこなしている人には常識なのかもしれませんが、Evernoteのノートリンクには2種類あり、Evernoteのノートに貼り付けるのか、それともそれ以外のアプリに貼り付けるのかによって、URLを変えているようなのです。

全然気付きませんでした……。

ということは、Evernote以外のアプリにも、Evernoteのノートに貼り付けられる「evernote:///view/…」型のリンクを貼り付けられれば、Evernoteで開くことができそうですね。

他アプリに「evernote:///view/…」型リンクを貼り付けるには

Windows版またはMac版のアプリを使うことで解決します。

以下の手順のように、Altキー(Macであれば「Optionキー」)をクリックしながら、「ノートリンクをコピー」をクリックすることです。

これにより、「evernote:///view/…」型のリンクをコピーできます。

これなら、Evernote以外のアプリに貼り付けしても、直接Evernoteアプリで開くことができます

Altキーを押すだけ。簡単ですね。

本当はAltキーを押さずに、いつでも「evernote:///view/…」型のリンクをコピーしたかったのですが、調べた限り簡単な方法は見つかりませんでした。

Evernoteアプリがインストールされていない環境では注意

ただし注意点もあります。Evernoteアプリがインストールされていない場合は、「evernote:///view/…」型のリンクを開くことはできません。

Evernoteアプリがない環境では開けない

こうした理由から、Evernote以外のアプリに貼り付けた場合のURLを変えるようになったのでしょう。

私の場合はすべてのデバイスにEvernoteアプリが入っているので、問題ありませんが、Evernoteアプリが入っていない環境で使う場合はご注意ください。

まとめ

Evernoteアプリが入れられる環境であれば、「evernote:///view/…」型のリンク(クラシックノートリンク)を使う方が効率よく使えますので、オススメです。

ただ、MacかWindowsがないとこの技を使えないのが残念なところ。iPhoneやiPad、Androidなどでも「evernote:///view/…」型のリンクをつくれる方法があれば、またご紹介します。(もちろん、開くことはできます。リンクの作成ができないだけです。)

それにしても、Evernoteのノートリンク機能、非常にいろいろな可能性を秘めていると思います。今まではブラウザが開いてしまうのでちょっと他アプリで使いにくかったのですが、これからはまたバリバリ活用できそうです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアやブックマークは、以下のボタンからどうぞ!

フォローはこちらから。このブログの更新情報を配信しています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告