ダウンロード・倍速再生に対応した『ラジオクラウド』アプリをさっそく使ってみた

シェアやブックマークは、以下のボタンからどうぞ!

以前、Podcastの代替となるサービスである『TBSラジオクラウド』について記事を書きました。ストリーミング方式でダウンロードも倍速再生もできず、使いにくいため、radikoを録音してiPhoneに転送して聞いている、という内容でした。

Macアプリ「録るラジ」でradiko(ラジコ)を録音すれば、ラジオでも速聴ライフを楽しむことができます。

そんなちょっと残念だった『TBSラジオクラウド』がついにiPhoneアプリに対応し、ダウンロードや倍速再生機能が使えるようになったようです。

価格: 無料(記事公開時)
好きなラジオ番組やラジオクラウドオリジナルコンテンツがいつでもどこでも自由に聴けるアプリ『ラジオクラウド』。ダウンロード配信に対応しオフライン再生やマイリスト機能で快適なラジオ生活を。

私にとって念願だったアプリです。さっそく使用してみましたので、使用感などのレビューをお届けします。

(余談ですが、正確にはTBSラジオクラウドの専用アプリではなく、博報堂DYメディアパートナーズが運営する『ラジオクラウド』というプラットフォームのアプリのようです。テレビでいうところの『TVer』みたいなものでしょうか。)

アプリは現時点でiPhone版のみ

AppStoreで「ラジオクラウド」と検索すれば出てきます。残念ながらiPad対応アプリではないようです。iPadに対応する必要性があるかと言われると疑問ではありますが。

(どうでもいいですが、2番目に出会い系アプリがくるのはなぜでしょう?)

使用するにはログインが必須

TBSラジオクラウドは、最新版のエピソードを聞く分には登録が無くても聞くことができましたが、このラジオクラウドアプリでは、会員登録をしなければ一切使うことができません。

しかし、必要な情報はメールアドレスとパスワードのみなので良心的です。広告のことを考えると、性別や年齢くらいは入力必須なのかなと思っていましたので。

充実のTBSラジオと、その他のラジオ局

ログインすると、以下の画面(右側のものです)が表示されます。

TBSラジオ以外の局も表示されています。局の垣根を越えてインターネット配信する感じは、民法公式テレビポータル『TVer』に近いですね。使うユーザーにとっては、このアプリひとつで複数の局や番組を聴くことができるようになるわけで、ありがたい話です。

個人的には、荻上チキがメインパーソナリティを務める『Session-22』と、この間放送したものの聴き逃してしまった荻上チキ出演の『マイゲーム・マイライフ』があって嬉しいです。荻上チキファンなので。

『文化系トークラジオLife』があるのもいいですね。radikoでは聞けない、ラジオクラウド限定のエピソードは聞いていなかったのですが、これからは聞くことができます。

ちなみに、現時点(2017年1月31日)で聞けるラジオ局は以下の通りです。

これだけ見ると「すごい!」と思いますが、いまのところTBSラジオ以外はそこまで番組が充実していません。Podcastのときから充実の番組数でしたから、さすがTBSと思います。

というか、他の局はまだまだ様子見、みたいな感じですかね。時間が経てば、そのうち局自体の数や番組数は増えていくかもしれません。

念願のダウンロードボタン

番組を選択すると、以下のエピソード選択画面が表示されます。

念願のエピソードのダウンロード機能がついています。もちろん、ダウンロードだけでなく、今まで通りストリーミングで聞くこともできます。

配信されている数は番組によって異なります。相変わらず『Session-22』の太っ腹具合が素敵です。ほぼ放送まるごと配信していますね。『Session-22』のためだけにラジコプレミアムを契約していたんですが、ラジオクラウドの登場によって、今後はどうしようかな、という感じです。

ちなみに、自動ダウンロード機能はありません。そのため、手動でほしいエピソードをダウンロードする必要があります。多少面倒ですが、このあたりはきっと今後のアップデートで解消されるかな、と期待しています。

もっとも、現在私はradikoをMacで予約録音して、それを毎日iTunesから転送して聴いているので、このくらいの手間、どうということはありません。

念願の倍速再生機能

エピソードを選択すると、プレイヤーが表示され、再生されます。

Podcastアプリの再生画面とほぼ同じような感じですね。必要な機能は一通りそろっています。

15秒スキップやスリープ機能もあります。スリープ機能は月マークのボタンを押すことで、1時間後までのスリープ時間を設定できます。寝る前に再生するときに重宝しそうですね。

そして、念願の倍速再生機能が追加され、0.5倍、1.0倍、1.5倍速、2.0倍速に変更できます。これは嬉しい機能……ではありますが、0.1倍速単位で最大4.0倍速再生まで対応している『PSOFT Audio Player』を使ってしまうと、いささか物足りなく感じます。

時間を有効活用しつつ効率的にインプットするには、速聴がオススメです。この記事では、速聴のメリットと、iPhoneでの速聴の方法を紹介します。

さすがに4倍速では聴きませんが、2.7倍速くらいまでなら聴き取れることも多いですし、聴き取りにくい部分は0.1倍速単位で聴き取れる程度の速度まで調整するので、ラジオクラウドアプリの速度調整では少し物足りないのです。

まぁ、標準のPodcastアプリもラジオクラウドと同じ倍速設定なので、しょうがないと思います。そこまでニーズもなさそうですし。

ダウンロードしたエピソードの管理がイマイチ

ダウンロードしたエピソードはマイリスト画面に追加されます。

それはいいのですが、致命的なのは番組毎にグループ分けされない点です。たくさんのエピソードをダウンロードする方は、少し扱いにくいように感じます。

また、エピソードの並び替え機能もありません。マイリストというよりは、ダウンロード済みリストみたいな感じですね。

このあたりも、今後のアップデートに期待したいところです。

今後のアップデートの期待と懸念

今後に期待できるとてもすばらしいアプリ

ひととおり触ってみましたが、Podcastでできていたことはほぼ、ラジオクラウドでもできるようになっていて、とても嬉しいです。登場したばかりですが、ホーム画面1枚目に置くべきアプリのひとつになりました。

今後の期待としては、以下の機能が追加されるといいなと思います。

  1. 自動ダウンロード機能
  2. マイリスト機能をもうちょっとリッチに
  3. 倍速設定をもう少し柔軟に、最大3倍速くらいまで
  4. (アプリとは関係ないですが)多くの局や番組に対応してほしい

3と4はなかなか難しいと思いますが、1と2は今後に期待ですね。

広告はどのように挿入されるんだろう

ちなみに現時点でいくつか聴いた限りでは、エピソード内に広告が入っていませんでした。

ニュースサイトを見ると、ラジオクラウドを運営する博報堂DYメディアパートナーズは、3月に広告主に向けて広告の販売を開始するようです。ですので、それ以降で何らかの形で音声の広告が入ったり、再生前に広告が表示されたり、ということになるんだと思います。

いい番組を継続させていくためには、収益化をしっかり行うことが必要です。そのために広告が挿入されるのはまったく問題ないと思うのですが、挿入方法がどのようになるのか気になります。民法公式テレビポータル『TVer』みたいに、シークをするたびにスキップ不可能な15秒から30秒のCMが流れるようだと、使いにくくて嫌ですね……。

このあたりのバランスは難しいと思いますが、スキップ不可能でかまわないので、倍速再生を維持したまま最初に長めのCMが挿入されるような感じだと嬉しいです。

まとめ

いずれにせよ、現時点でも便利に使える完成度の高いアプリですし、今後の展開も楽しみであることは間違いありません。

まだお使いでない方がいらっしゃいましたら、ぜひお試しください。

好きなラジオ番組やラジオクラウドオリジナルコンテンツがいつでもどこでも自由に聴けるアプリ『ラジオクラウド』。ダウンロード配信に対応しオフライン再生やマイリスト機能で快適なラジオ生活を。
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアやブックマークは、以下のボタンからどうぞ!

フォローはこちらから。このブログの更新情報を配信しています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告